人間ドック(在職者のご家族・任意継続・特例退職の方)

概要

  • 「人間ドック」は加入者の皆さんの疾病の早期発見や早期治療のために健保より補助金を出して行っている疾病予防事業です。
  • 乳がんは、発見が遅れると治療期間が10年以上かかると言われていますが、マンモグラフィー検査にエコー検査を併用することでより精度の高い検査となり早期発見につながります。2024.4.1受診より年度末年齢(翌年4月1日現在)40・45・50・55・60歳の希望する方には「マンモ」と「エコー」両項目の補助を実施いたします。
  • 「人間ドック」の実施に当たっては、人間ドック学会基準に従い偏りのない身体のチェックを行い、なるべく早い疾病の発見や治療開始に繋げるという目的から、医療機関設定の全検査項目を受診して頂くことを補助を実施する条件としています。当日の医師判断以外の理由で検査項目をキャンセルした場合には補助の対象外、全額自己負担となりますのでご留意ください。

補助内容

補助対象者 40歳以上の被保険者および被扶養配偶者(年度内に40歳になる方も含む)
補助回数 年度内(4月~翌年3月末)に1回  当健保との契約医療機関での受診に限る
補助額(税込) 1.日帰り(または一泊)コース 20,000円
2.日帰り(または一泊)
    +
  

婦人科コース
①乳がん検診

  • New年度末年齢(翌年4月1日現在)40・45・50・55・60歳の希望者は「マンモグラフィー」と「エコー」2項目補助
  • 上記以外の年齢の方は「マンモ」または「エコー」いずれか1項目補助

  ②子宮頸がん検診
20,000円
  +

婦人科コース①+②

1項目8,000円を上限に実費補助

受診可能医療機関 人間ドック契約医療機関リスト[ExcelPDF
料金は医療機関によって異なるためこちらのリストでご確認ください。
標準的な健診項目
(医療機関により異なります)

 

 

<参考>
日本人間ドック学会HP

1 問診・診察 7 尿検査
2 身体測定(身長・体重・BMI・腹囲) 8 便潜血
3 血圧測定 9 心電図
4 血液検査 10 腹部エコー
5 胸部レントゲン 11 眼圧・眼底
6 胃部X線検査(バリウム)

 

内視鏡検査を希望される場合は、予約時に変更してください。この変更はオプション扱いとなり追加料金が発生する医療機関がありますので「人間ドック契約医療機関リスト」でご確認ください。

12 視力・聴力

注意事項

  1. 婦人科がん検診は、子宮頸がん検診(医師採取法)・乳がん検診(マンモ・エコー)を受診した場合に補助します。
    乳がんの触診検診のみ、子宮体がんは対象外です。子宮頸がん検査と乳がん検査どちらかのみを受診した場合でも補助します。
  2. 1. 日帰り(または一泊)コースに婦人科コースが組み込まれている場合の補助額は、20,000円です。
  3. オプションで脳ドック・胸部ヘリカルCTを受診の場合は、補助金請求ができます。人間ドックとは補助方法が異なりますので一旦全額自己負担していただき補助金請求書を提出してください。それ以外のオプションは全額自己負担です。
  4. 「施設型健診」「巡回レディース健診」「特定健診」との重複受診はできません。(パート先健診補助含む)
  5. 契約医療機関以外で人間ドックを受診した場合、全額自己負担となります。
  6. 胃の内視鏡検査を健保直営3医療機関(富士フイルム健康管理センター・西麻布内視鏡センター・メディテラスよこはま)で保険証を使用して受診する場合に限り、特例として人間ドック契約医療機関で胃の検査をキャンセルしても補助を支給します。

手続き方法

  1. 契約医療機関に電話で予約をする
  2. お手元に「健康保険証」をご用意の上、受診日までにWeb登録をし「人間ドック受診票」を印刷する   Web登録に関するよくある質問はコチラ
    人間ドック受診票は、原則Web登録をお願いします。
    任継・特退の方で「Web登録ができない」「印刷ができない」場合は人間ドック受診票に記入し、健保へFAXまたはコピーを郵送してください。在職者のご家族の方は、Web登録のみで紙の「人間ドック受診票」は受け付けておりません。
  3. 受診日当日「人間ドック受診票」を医療機関窓口で提出する
  4. 受診終了後会計時に、健保補助額を差引いた金額を支払う

人間ドック受診票Web登録に関する注意事項

  1. 被扶養配偶者が被保険者と同じ日に受診する場合は、それぞれWeb登録が必要になります。1人1枚受診票を提出してください。
  2. 「人間ドック受診票」の登録完了後、info@app.fujifilm-kenpo.or.jpから受診日・予約番号・PW情報を記載した自動送信メールが届きます。このメールアドレスは、送信専用アドレスのため返信されても回答できません。入力したメールアドレスに自動送信メールが届かない場合は、自動ブロック・迷惑メールに振り分けられている可能性がありますので、受信できるよう設定してください。
  3. 予約の変更・キャンセル・受診票の紛失による再印刷などの場合は、再度人間ドックWebにログインし「登録済みの予約変更・キャンセル・再印刷はこちらへ」にお進みください。その際、受診日・予約番号・PW情報が必要となりますので、自動送信メールの保存をおすすめします。

その他注意事項

  1. 予約は、必ず電話でお願いします。その際「富士フイルムグループ健康保険組合の加入者」であることをお伝えください。医療機関と健保で、健診項目・料金などについて契約をしていますので、契約以外のコースや項目のキャンセルをされた場合には、補助の対象外となり全額自己負担となります。また、医療機関のWebサイトから予約した場合も、健保で契約したコースと異なるため、補助の対象外となりますのでご注意ください。
  2. 受診当日「人間ドック受診票」を提示しなかった場合、医療機関から人間ドック契約料金の全額を請求される場合がありますのでご注意ください。
  3. 「人間ドック受診票」の提出をもって、健保での受診結果入手に同意されたものと判断させて頂きますのでご了承ください。(同意が得られない場合、健診費用は健保補助の対象外です) なお、当健保組合では健診結果を「富士フイルムグループ健康保険組合個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱います。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

  • A4用紙で全てのページをプリントアウトし、必要事項をご記入の上提出してください。
  • 添付書類の有る物は、モレが無いか必ずご確認ください。
  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。お持ちでない場合は下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
    Get ADOBE READER

Word・Excelファイルに関する注意事項

  • Internet Explorer(以下IE)のサポート終了に伴い、当ホームページはIEでの閲覧を推奨しておりません。
    IE11で利用した際に生じた不具合についてはお問合せいただいても、お応えすることができません。予めご了承ください。

関連ページ

このページに対するご意見