自治体がん検診補助(在職者のご家族・任意継続・特例退職の方)

自治体が助成しているがん検診を受けた場合、下記項目について費用の自己負担分を補助します。

  受診項目

補助上限

(税込)

年齢
補助対象検診等 ①胃がん    内視鏡またはバリウムのみ 18,000円 40歳以上
②大腸がん   便潜血のみ なし 40歳以上
③前立腺がん  2年に1回 なし 50歳以上
④子宮頸がん  医師採取 8,000円 年齢制限なし

⑤乳がん  New2024.4.1受診より

      「マンモ」と「エコー」2項目補助

1項目

8,000円

年度末年齢(翌年4月1日現在)40・45・50・55・60歳の希望者

⑤乳がん  「マンモ」または「エコー」どちらか1項目

8,000円 年齢制限なし
補助回数 検診項目毎に年度内(4月~3月末)に1回   前立腺がん検診は2年に1回
請求方法 受診費用を全額支払い、「補助金請求書」に「市区町村名」「受診者名」「検査項目」が明記された領収書(原本)と自治体からの通知・市報のコピー等、自治体検診の条件が判るものを添付し、在職者のご家族の方は勤務先事業所の健保業務担当者様へ、任継・特退の方は直接健保へ提出してください。
原則、提出された領収書及び添付書類はご返却できませんのでご了承ください。
必要な場合は事前にコピーを取るなどの対応をお願いしします。
申請頂いた給付金は、ご請求者への振り込みをもって申請了承のご連絡とさせていただきます。

提出先はこちら

申請書類はこちら

書類提出上の注意

  • A4用紙で全てのページをプリントアウトし、必要事項をご記入の上提出してください。
  • 添付書類の有る物は、モレが無いか必ずご確認ください。
  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。お持ちでない場合は下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
    Get ADOBE READER

Word・Excelファイルに関する注意事項

  • Internet Explorer(以下IE)のサポート終了に伴い、当ホームページはIEでの閲覧を推奨しておりません。
    IE11で利用した際に生じた不具合についてはお問合せいただいても、お応えすることができません。予めご了承ください。

関連のページ

このページに対するご意見