出産・育児のため給料がもらえないとき(出産手当金)

出産手当金

被保険者が出産のために仕事を休み、産前産後休業に相当する期間の給料が支払われないときには「出産手当金」が支給されます。給料の一部を受けていた場合でも、その額が出産手当金より少額の場合は、差額を支給します。また、在職中に給付要件を満たしていた場合は、退職後も支給されます。

給与等の支給証明が必要ですので、勤務先を通して請求してください。

任意継続被保険者は対象外です(退職時に給付要件を満たしている場合を除く)。

支給の条件

妊娠12週以上(85日目以降)の分娩(生産・死産を問わず)で、会社を休み給料をもらえないとき。

支給期間

分娩日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から分娩日の翌日以後56日目まで

図

支給額

1日につき標準報酬日額の2/3

標準報酬日額は、「支給を始める日」の属する月以前の、直近の継続した12ヶ月の標準報酬月額の平均の30分の1、に相当する額です。
なお、被保険者期間が1年に満たない場合は、「直近の継続した標準報酬月額の平均の30分の1」に相当する額、または「支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1」に相当する額の、いずれか少ない額です。

ただし、給与の一部が支給されていた場合
「出産手当金支給日額>支給された給与の日額」であれば、給与との差額を支給。

申請方法

提出書類 出産手当金請求書
留意事項 「医師または助産師の証明」欄に証明を受けてください。
海外での出産の場合は、2頁目の「《海外用》医師または助産師の証明」欄に証明を受けてください。
提出先 健保業務担当部門
FFBX・給事セ・総務・人事等、健保業務担当部門は事業所により異なります。
勤務先各社のイントラ等でご確認ください。
申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトし、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

添付書類の有る物は、モレが無いか必ずご確認ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。