出産・育児のため給料がもらえないとき(出産手当金)

出産手当金

被保険者が出産のために仕事を休み、その期間の給料が支払われないときには「出産手当金」が支給されます。給料の一部を受けていた場合でも、その額が出産手当金より少額の場合は、差額を支給します。また、在職中に給付要件を満たしていた場合は、退職後も支給されます。

給与等の支給証明が必要ですので、勤務先を通して請求してください。

任意継続被保険者は対象外です(退職時に給付要件を満たしている場合を除く)。

支給の条件

妊娠12週以上(85日目以降)の分娩(生産・死産を問わず)で、会社を休み給料をもらえないとき。

支給期間

分娩日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から分娩日の翌日以後56日目まで

図

支給額

1日につき標準報酬日額の2/3

標準報酬日額は、「支給を始める日」の属する月以前の、直近の継続した12ヶ月の標準報酬月額の平均の30分の1、に相当する額です。
なお、被保険者期間が1年に満たない場合は、「直近の継続した標準報酬月額の平均の30分の1」に相当する額、または「支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1」に相当する額の、いずれか少ない額です。

ただし、給与の一部が支給されていた場合
「出産手当金支給日額>支給された給与の日額」であれば、給与との差額を支給。

申請方法

提出先や手続き方法についての問い合わせ先はこちら

提出書類 出産手当金請求書
留意事項 「医師または助産師の証明」欄に証明を受けてください。
海外での出産の場合は、2頁目の「《海外用》医師または助産師の証明」欄に証明を受けてください。
申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトし、必要事項をご記入の上提出してください。

添付書類の有る物は、モレが無いか必ずご確認ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

【Word・Excelファイルに関する注意事項】

Internet ExplorerでWordやExcelのファイルを開こうとする場合、正しく表示されない可能性がございます。

Internet Explorerをご使用の場合は、お手数ですが一旦PC上に保存した上で、保存したデータを開いていただけますようお願いいたします。

なおInternet Explorerは近々サポート終了となるため、当ホームページではGoogle ChromeやMicrosoft Edgeでの閲覧を推奨しております。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *ページ内容改善のため、ご指摘事項を具体的に分かりやすくご記入ください。
    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。