保険証に関する手続き

お金と同様に価値ある大切なもの

健康保険被保険者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されます。健康保険の被保険者であること、または被扶養者であることは、この保険証によってはじめて証明されます。

この保険証さえ提示すれば、被保険者(本人)、被扶養者(扶養家族)として、健康保険の扱いで病気やケガなどについての診療、投薬、入院治療などが受けられます。したがってこの保険証は、お金と同様に価値のある大切なものといえるでしょう。

病院に預けっぱなしにしたり、破損したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、違法行為となり処罰の対象になります。

紛失によって思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取り扱いには十分注意して大切に保管してください。

保険証は「預けっぱなし」「汚す」「貸し借り」はしない!

健康保険証が交付されたら

健康保険証に記載されている内容をご確認ください。保険証の表面に記載されている項目を勝手に直すことは禁止されています。変更が有った場合は、各種申請書に健康保険証及び必要とされる証拠書類を添付して提出してください。

また、裏面の住所欄は自署していただく欄です。住所に変更があった場合は各自で訂正してください。健康保険証の提出は不要ですが、住所変更の申請が必要です。

各種の申請は、勤務先各事業所の健保業務担当部門へ提出してください。
(任継・特退に加入している方は、直接健康保険組合へ提出してください)

事由 期限 手続方法
保険証を紛失・破損したとき ただちに

「一般(または任継・特退)被保険者証 滅失・毀損 再交付申請書」を提出。

破損の場合「破損した保険証」も添付

任継・特退は再交付代金の「振込控」を添付

保険証の検認、更新のため提出を求められたとき ただちに 保険証を提出。
子どもの誕生、結婚などで家族(被扶養者)が増えたとき 5日以内 「被扶養者異動 増加届」に、必要とされる書類を添えて提出。
就職などにより
被扶養者の資格を失ったとき
5日以内

「被扶養者異動 減少届」に被扶養者の「保険証」と異動日が判る書類を添えて提出。

高齢受給者・特定疾病・限度額適用認定証に該当する方は、その証も一緒に提出

結婚などで氏名に変更があったとき 5日以内 「被保険者氏名変更(訂正)届」に保険証と住民票の写しを添えて提出。
住所が変わったときや、被扶養者との別居・同居に変更があったとき そのつど 「住所変更・別居・同居申請書」に住民票の写しを添えて提出。別居の場合は送金の証明も提出。
退職等により被保険者の資格を失ったとき 5日以内

勤務先事業所へ保険証を(被扶養者が居る方は全員の保険証を)返す。

高齢受給者・特定疾病・限度額適用認定証に該当する方は、その証も一緒に提出

再就職等により、任継・特退の被保険者資格を失ったとき 5日以内 「任継(または特退)資格喪失届兼保険料還付申請書」に、健康保険証等の必要とされる添付書類を添えて提出

紛失・破損による健康保険証の再交付は有料です。
ただし、厚生労働省が認めた大規模な自然災害に被災した事に伴う再交付は無料です。その場合は「自然災害の名称」等を明記してください。

盗難等による紛失は、悪用される可能性もありますので必ず最寄の警察署へ盗難の届け出お願いします。

健康保険証は身分証明書としても使用されますので、戸籍通りの正しい文字で申請(システム上対応できない場合もあります)をお願いします。

氏名変更・資格喪失等をした方がその他の証(高齢受給者証・限度額適用認定証・特定疾病療養受療証)の交付を受けていた場合、健康保険証と一緒に該当する証も提出してください。

健康保険証に関する注意事項

  1. 健康保険証の交付を受けたときには、すぐに住所欄に住所を自署して大切に保管してください。
  2. 保険医療機関等について診療を受けようとするときには、必ず健康保険証をその窓口で渡してください。
    [70歳の誕生日の属する月の翌月(誕生日が月の初日である場合はその月)以後の場合は、健康保険証に高齢受給者証も添えてください]
  3. 被保険者の資格が無くなったとき又はその被扶養者でなくなったときは、5日以内に健康保険証を事業所(任継・特退の方は健保組合)に返してください。
  4. 不正に健康保険証を使用した者は、刑法により詐欺罪として懲役の処分を受けます。

健康保険法施行規則の一部が改正にされ、健康保険証の裏面が『臓器提供意思表示欄』になりました。臓器移植に対する理解と協力・臓器提供意思表示の方法と機会の拡大を目的として設けられました。

臓器提供意思表示欄の記入は任意です。記入する場合は消えないペンで記入してください。

「臓器を提供する」意思表示は、15歳以上の方が記入した場合有効となります。(「臓器を提供しない」意思表示に、年齢制限はありません)

すでにドナーカードを持っている場合、どちらも有効になりますが、意思表示が異なる場合は日付の新しいものが有効として扱われます。

臓器移植に関する詳細は、(公社)日本臓器移植ネットワークのホームページをご覧ください。

健康保険証等の氏名・性別表記の記載方法を変更するとき

心と体の性が一致しない「性同一性障害」などのやむを得ない理由によって、健康保険証等の表面に、戸籍上の氏名・性別の記載を希望されない方に対して、裏面に戸籍上の氏名・性別を記載した保険証等を交付いたします。(表記内容についての詳細は下記の「表記方法」をご確認ください。

申請方法(提出書類)

  1. 健康保険証等への氏名・性別表記に関する申出書
  2. 保険証(その他「限度額認定証」等の交付を受けている場合は変更が必要な全てのもの)

通称名の記載を申し出る方は、以下の2種類の書類(発行から3カ月以内)を添付してください。

①医師の診断書等(性同一性障害を有することを確認できる書類)

②通称名が社会生活上日常的に用いられていることを確認できる書類(勤務先または学校等の発行する身分証明書、通称名で受領している郵便物、公共料金の請求書など)

表記方法

氏名の表記 保険証の表面の氏名表記欄には通称名を記載し、裏面の住所欄2行目に備考として「戸籍上の氏名は△△」と手書きで記載します。
性別の表記 保険証の表面の性別表記欄には「裏面参照」と記載し、裏面の住所欄2行目に備考として戸籍上の性別を手書きで記載します。

その他に対象となる証書など

保険証のほか、「高齢受給者証」、「限度額適用認定証」、「標準負担額減額認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」、「特定疾病療養受療証」「一部負担免除証明書」も希望があれば対応いたします。

健康保険証の再交付や、その他の証の交付申請をする場合には、その都度申出が必要です。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接か総務・人事部・人事担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。