医療保険制度の比較

退職すると、健康保険組合の被保険者でなくなりますので、自分で健康保険加入の手続きを取る必要があります。すぐに就職するのでなければ、以下のいずれかに加入することになりますので比較のうえご検討ください。

在職中に交付された健康保険証は、速やかに勤務先事業所のご担当者様へ返納してください。
当健保の「任意継続」や「特例退職者」制度に加入する場合でも、退職後は使用できません。

詳細な内容はそれぞれのページでご確認ください。

75歳(一定の障害がある場合は65歳)以上の人は、すべて「後期高齢者医療制度」に加入することになります。

種類 富士フイルムグループ健康保険組合 在住の市区町村 ご家族の健康保険
任意継続被保険者
医療制度
特例退職被保険者
医療制度
国民健康保険
(退職者制度以外)
被扶養者になる
加入期間 最長2年間 後期高齢者医療制度該当まで
(75歳誕生日の前日まで)
後期高齢者医療制度該当まで 後期高齢者医療制度該当まで
加入資格 被保険者期間2ヵ月以上 年金受給者で被保険者期間が20年以上
(または40歳以降に10年以上)
特になし ・3親等内の親族
・年収130万円未満
・認定基準内
保険料 全額自己負担
(事業主負担は無し)
全額自己負担
(事業主負担は無し)
前年の年収により決定 なし
窓口負担 本人・家族とも3割
[未就学児は2割・申請の有った高齢受給者は2割(経過措置期間中は1割)]
メリット ・被扶養者の保険料負担なし
・在職中と同様の付加給付を受けられる
・被扶養者の保険料負担なし
・在職中と同様の付加給付を受けられる
・前年収入が少ないほど保険料が安くなる ・保険料負担なし
・家族が加入している健保の付加給付が受けられる
デメリット ・保険料は事業主負担がなくなり全額自己負担 ・保険料の事業主負担がなくなり全額自己負担 ・「被扶養者」概念が無く、保険料は一人一人が負担
・給付は「法定給付」のみ
なし
手続期限 資格喪失から20日以内 退職または任継喪失後20日以内
(国保加入の方は年金証書等受領後3ヶ月以内)
資格喪失から14日以内 すみやかに