「交通事故」など、ケガや病気の原因が他にあるとき

第三者行為とは

第三者行為とは交通事故など、他人による加害行為です。

  1. 第三者(相手側)と接触または衝突等の交通事故で受けたケガ
  2. 事故車に同乗していて受けたケガ(同乗者が親族であっても適用)
  3. 暴力行為により受けたケガ(殴打)
  4. 他人の飼っている動物等に咬まれて受けたケガ
  5. 第三者の行為に起因して受けたケガ(本人の過失が多い場合でも)
    例:駐停車中の車に激突、他車に接触転倒、センターラインオーバーしての対向車との激突事故等

健康保険で治療は受けられるか

交通事故・第三者行為により負傷した場合や、自損事故により負傷した場合の治療費、休業補償等は加害者(第三者)が負担する義務がありますが、健保組合に“必要書類の届出”をすることで健康保険を使用して治療することができます。

必要書類の届出”がなされることで健保組合は、損害賠償権を代位取得し、被害者へ健康保険の給付を行い、かかった治療費等を後日、加害者へ求償します。

仕事中、通勤途上の事件・事故は除きます。
第三者行為以外の事故(自損、ひき逃げ等相手不明)による負傷についても“必要書類の届出”が必要です。

第三者行為(「交通事故」など)による手続きを2021年1月より、(株)オークスに委託しております。
事故連絡・必要書類の確認や提出先などについては、下記宛までご連絡をお願いします。

【お問合せ先】株式会社オークス内 富士フイルムグループ健康保険組合 第三者行為相談室
       フリーダイヤル:0120-732-255  平日 9:00~18:00

【提出先】  〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-7-7
       株式会社オークス内 富士フイルムグループ健康保険組合 第三者行為相談室

【提出期限】 すみやかに

交通事故にあったときの手続き図

通勤途上や業務中にケガを被った場合は、労災保険より保険給付を受けるため、健康保険を使用しての治療は受けられません。
ご所属の窓口担当者様にご連絡をお願いします。

交通事故にあってしまったら

交通事故にあったときの手順

  1. 1.相手方を確認
    ナンバー、免許証(氏名・年齢・住所)、自賠責保険、任意保険、車検証等を控えます。
  2. 2.警察への連絡
    どんな小さな事故でも必ず警察に連絡しましょう。警察には「人身事故」として届出を行い、交通事故証明書を請求します。
  3. 3.病院で受診するとき
    健康保険を使用する場合は、速やかに【お問合せ先】までご連絡願います。
  4. 4.示談は慎重に
    安易に示談をしてしまうと医療費の補償が受けられない等、トラブルの原因となりますので、示談を行う前に必ず【お問合せ先】までご連絡ください。
申請書類はこちら

富士フイルムグループ健康保険組合は、
第三者行為(「交通事故」など)による手続きを2021年1月より(株)オークスに委託しております。
申請書類等につきましては、こちらにお問合せください。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *ページ内容改善のため、ご指摘事項を具体的に分かりやすくご記入ください。
    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。