医師の同意を得てはり、きゅう、マッサージにかかったとき

はり、きゅうの場合

医師の同意を得て、神経痛やリウマチ、五十肩、腰痛症など慢性的な痛みのある病気で、鍼灸師の施術を受けた場合に限り、健康保険の給付が受けられます。

なお、からだが不自由な方の場合は、往療(訪問施術)を必要とする医師の同意があれば、往療料にも健康保険が適用されます。

あんまマッサージの場合

医師の同意を得て、筋マヒや関節拘縮などでマッサージ師の施術を受けた場合に限り、健康保険の給付が受けられます。往療については、はり、きゅうの場合と同様です。

単なる肩こり、腰痛などのような症状で受療した場合には、健康保険で受けられず、自費診療となります。

療養費払いの注意

はり、きゅう、あんまマッサージを受けた場合は、療養費払いとなります。

柔道整復師のような受領委任払いはできません。

施術時にいったん全額支払い、後日、健康保険組合に療養費支給の申請をしてください。

治療院の方へお願い

当健保のはりきゅうマッサージ療養費は「償還払い」となっております。

健保組合へ直接レセプトを送付しないようお願いいたします。

申請方法

提出書類 療養費支給申請書
添付書類

①はり灸・マッサージ用の療養費支給申請書(治療院発行)

②領収書(レシート不可)

③初回のみ医師の同意書(同意から、厚労省で定められた期間(約3ヶ月)を超える場合、その都度①の申請書に再同意の記録が必要。ただし変形徒手矯正術の場合は毎月添付すること)

提出先 在職中の方 健保業務担当部門
FFBX・給事セ・総務・人事等、健保業務担当部門は事業所により異なります。
勤務先各社のイントラ等でご確認ください。
任継・特退の方 富士フイルムグループ健康保険組合
〒250-0001 小田原市扇町2-12-1
郵送で提出してください。