お知らせ

2018/07/20

平成30年7月豪雨により被災された方へ

平成30年7月豪雨により被害にあわれた皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の豪雨で被災された被保険者・被扶養者の皆さまが診療を受ける場合、下記の取り扱いとなっておりますので、お知らせいたします。

 

1.保険証の提示がなくても保険診療ができます

 被災により、保険証を紛失又は自宅等に残したまま避難し、提示できない場合でも、

・氏名、生年月日・連絡先(電話番号等)

・富士フイルムグループ健康保険組合に加入している旨

・勤務する事業所名

を、医療機関等の窓口で告げることで、保険診療として取り扱うことができます。

 

2.以下の(1)(2)の両方に該当する場合、医療機関等の窓口で一部負担金等の支払いが不要です(平成30年10月末まで)

(1)平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用市町村の住民の方

(2)以下のいずれかに該当する旨を申し出た方

①住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした旨

②主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨

③主たる生計維持者の行方が不明である旨

④主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止した旨

⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

 

3.健康保険証等を紛失・消失された方へは無償で再発行をいたします

通常の「被保険者証 滅失・毀損 再交付申請書」に被災した旨をご記載いただき、申請してください。