お知らせ

富士フイルム健康管理センター 「50歳以上の大腸内視鏡検診」受診方法のご案内

富士フイルム健康管理センターでの「50歳以上の大腸内視鏡検診」受診方法

 

検査の予約方法

消化器外来を受診してください(外来表参照)。大腸内視鏡検査する日を予約いたします。また、検査の準備(検査食、下剤等のお渡し)や注意事項の説明を致します。現在飲んでいるお薬がすべてわかるように一覧表やお薬手帳をお持ちください。

 

大腸内視鏡検査の流れ

・前日の食事は検査食を食べます。夜に検査用の下剤を飲み、ある程度排便をしておきます。

・検査当日の午前に来院し、検査用の洗腸用下剤を1.5~2リットル飲み、排便をして腸をきれいにします。

※洗腸剤を飲めない方は錠剤のお薬もあります。

・便が透き通った液体になったことを確認後、午後から検査を行います。

・気持ちをリラックスさせるお薬を注射します。検査の痛みはほとんどありません。

・肛門から内視鏡を挿入し、盲腸(大腸の一番奥)まで入れてからゆっくりと抜きながら丁寧に観察します。

・リカバリールームでゆっくりと休養をしていただいた後、担当医から検査の説明を受けていただきます。

 

 

大腸内視鏡検査について 富士フイルム健康管理センター

 

 

問い合わせ先

富士フイルムグループ健康保険組合 保健事業グループ

☎ 0465-32-2223

✉ ffgkenpo-kencom@fujifilm.com