お知らせ

2021/04/08

健保届出様式における押印の廃止について

厚生労働省保険局保険課長 通知「保険者が定める届出様式における押印の廃止について」(2020年12月25日)に基づき、

健保へ届出される書類につきましては、下記の場合を除き、押印を廃止とさせていただきますので御連絡致します。

※当ホームぺージに掲載している各種届出書類(書式)で押印が不要なものにつきましては、既に『印』マークを

 削除しております。

※『訂正印』につきましては今後も従来通り“必要”となります。

 

                              -記-

 

≪今後も押印が必要となる届出書類≫

1.事業主印が必要な届出書類

  ①勤務形態証明書(勤務先が証明する欄)

  ②退職証明書

  ③年間収入見込額証明書(勤務先が証明する欄)

  ④傷病手当金・傷病手当付加金請求書(事業主が証明する欄)

  ⑤本人・家族埋葬料(費)請求書(事業主証明欄)

  ⑥出産手当金請求書(事業主が証明する欄)※記載漏れのため、4月12日修正

 

2.医療機関印 が必要な届出書類

  ①診療明細書・領収書(国内用)

 

3.医師又は助産師の印が必要な届出書類

  ①出産手当金請求書(医師又は助産師の証明欄)

  ②本人・家族 移送費申請書(医師の意見書欄)

  ③傷病手当金・傷病手当付加金請求書(療養を担当した医師の意見書欄)

  ④特定疾病療養受療証交付申請書(医師の証明欄)

 

4.市区町村の印が必要な届出書類

  ①(未就学児申請用)医療費助成 不該当(新規・更新・終了)登録届(市区町村証明欄)

        ※添付書類が用意できない場合

 

5.医師・助産師又は市区町村長の印が必要な届出書類

  ①本人・家族出産育児一時金(全額・直接)(医師・助産師又は市区町村長の証明欄)

 

6.その他の届出書類

  ①介護保険適用除外 該当・非該当 届(施設入居者・在留期間3ヶ月未満の外国人用)(施設が証明するところ)

  ②健康保険一部負担金等免除証明申請書(申し立てが正しいことを証明する欄)

     ※証明書類が添付できない場合

 

以上

添付ファイルのダウンロードはこちら