お知らせ

2020/11/18

【免除証明書】令和2年7月豪雨により被災された方へ

令和2年7月豪雨により被災された方へ(2020.11.18)

 

令和2年7月豪雨により被害にあわれた皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。
厚生労働省からの通知に基づき、次の1~3のいずれかに該当された被災者(令和2年7月豪雨に係る災害救助法の適用市町村の住民の方)につきましては、医療機関で受診した際に窓口で支払う一部負担金の免除を行っています。

1.住家の全半壊(全半焼)、床上浸水またはこれに準ずる被災をした
2.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った
3.主たる生計維持者の行方が不明

 

令和2年12月31日まで

医療機関等の窓口で、上記3つのいずれかに該当する旨を申し出た方は、一部負担金等の支払いが不要です。

 

令和3年1月1日~令和3年3月31日まで

医療機関等の窓口で、健保が交付した「免除証明書」を保険証に添えて提出することにより窓口で支払う一部負担金等が免除されます。(受診時の支払いが不要になります)

該当する方は、お早めに交付申請を行ってください。

※申請書が届き次第、順次発行致します。

 

■■申請方法■■

「健康保険一部負担金免除証明申請書」に必要事項を記入し、添付書類を添えて弊健保へ提出してください。
※添付書類は申請書の2頁目に記載しておりますので、ご確認ください。

※災害の詳細ページはコチラ