お知らせ

2019/02/25

【保険料率等改定について】平成31年4月から保険料が変わります

平成31年2月12日開催の富士フイルムグループ健康保険組合第201回組合会において、健康保険・介護保険の料率改定および特例退職被保険者(特退:OBの方々)の標準報酬月額改定が承認されました。

増大する介護保険納付金(国に代わり健保組合が徴収代行)に対応するため、事業主・被保険者からいただく介護保険料の料率を「引上げ」するとともに、介護保険料率「引上げ」相当分の健康保険料率を「引下げ」という内容となっております。健康保険の赤字については、積立金より補填する計画と致しております。

また特退の財政は大幅な赤字となり収支均衡を図る一助とするため標準報酬月額を1等級「引上げ」させていただきました。

 平成31年4月納付の保険料から新しい料率(及び特退の方は新しい標準報酬月額)で算出した保険料での納付になります。

詳細につきましては添付資料「保険料率改定等のお知らせ」をご覧ください。

添付ファイルのダウンロードはこちら