けんぽの部屋

2018/11/14

「富士フイルム西麻布内視鏡クリニックの紹介」          院長 横山知子

 

 

 富士フイルム西麻布内視鏡クリニックは2014年7月に富士フイルム西麻布ビル(西麻布本社)の1階にオープンしました。主に上部内視鏡検査(胃カメラ検査)と大腸内視鏡検査を中心に診療しており、その他にも毎日外来診療も行っています。

 

 日本人は2人に1人は生涯で何かのがんになると言われており、その中でも胃がん・大腸がんに罹る方、亡くなる方は常に上位を占めております。しかし発見が難しく進行が速いがんと違って、胃がん・大腸がんは早めに見つければ完全に治すことができます。

 

 また胃がんの原因はほとんどがピロリ菌の感染によるものなので、除菌をすることで胃がんの予防につながります。大腸癌の多くは大腸ポリープが成長して癌になるので、ポリープの段階でとってしまえば大腸癌も予防が可能です。

 

 このように胃がん・大腸癌は早期発見と早期治療が可能な上に、予防もできる癌なのです。にもかかわらず、これほど多くの方が命を落としているというとても悔しい事態が起きています。早期発見と予防のためにはまずは内視鏡検査を受けることが重要です。

 

 私達は「当院で内視鏡検査を受診してくれた人から、絶対に胃がんや大腸がんを出さない!」という目標を掲げて日々取り組んでおります。

 とはいえ内視鏡検査、特に大腸カメラを受けるのは勇気がいることです。初めて受ける方は検査が痛くないか、下剤をたくさん飲めるか、お手洗いに何度行かなければならないのだろう・・・と不安に感じると思います。

 

 私達スタッフは受診者の不安をできるだけ解消できるように、親切・丁寧な対応を心がけ苦痛が少ない検査を目指しております。スタッフは全員女性なので女性の方も安心して受けていただけると思います。富士フイルム社製の最新鋭機器を揃えてお待ちしております。

 

 

URL  https://www.fujifilm-endoscopic-clinic.com/

 

 

 

★西麻布本社正面、アスタリフトの大きなポスターの右奥が玄関です

 

 

 

★先進技術を搭載した内視鏡システムで高精度な検査を実施しています

 

 

 

★しっかり&やさしい&楽しいスタッフが皆様をお待ちしています