けんぽの部屋

2022/04/18

「+10(プラステン):今より10分多く体を動かそう」 豊洲事業所健康管理室 保健師 内藤沙織

 

こんにちは。豊洲事業所健康管理室です。

定期健康診断や、人間ドックの結果は皆さんご覧になっていますか?

中には、医師や医療スタッフから「もう少し痩せましょう」「食事や運動をしましょう」

とアドバイスされた方もいるのではないでしょうか。

 

でも忙しくて生活習慣改善どころではない…

具体的に何をしたらいいのか分からない…

めんどうくさいな…

そんな方もいらっしゃるかもしれません。 

 

今回は運動面でお役に立てればと思い、「+10(プラステン)」をご紹介させていただきます。

 

 

+10(プラステン)とは?

結論から言うと、『今より10分多く体を動かす』これだけです。

+10(プラステン)は、国民の健康増進の為に厚生労働省から示された「アクティブガイド」※1で推奨されているものです。

※1:健康日本21(第二次)の取り組みの一環として厚生労働省は「健康づくりのための身体活動基準2013」を策定しています。その内容をより国民に分かりやすく、実践しやすいように落とし込んだものが、「アクティブガイド」となっています。

 

 

何をしたらいいの?

アクティブガイドでは図のように、今の身体活動状況に応じて段階的な取り組みを示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「厚生労働省,アクティブガイド,e-ヘルスネット,https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-01-002.htmlより引用」

 

そして具体的な『体を動かす』ですが、わざわざ“運動の時間”を確保せずとも生活や仕事の中で取り入れても構いません。

・歩く

・ストレッチする

・階段を使う

など、小さなことからでOKです。

 

極論かもしれませんが、在宅勤務が増えて座りっぱなしの場合、立つ時間を10分でも多くすることでも良いかと思います。

 

ちなみに、10分歩く=1000歩に相当するといわれています。

時間で区切るのもよし、視覚的に確認しやすいスマホの歩数計で普段の+1000歩を目標にするのもよいでしょう。

厚生労働省から、「おうちで+10(プラステン)超リフレッシュ体操」特設コンテンツも掲載しているので、参考にされてみてください。

 

https://www.smartlife.mhlw.go.jp/plus10

 

まずは、無理なく達成できるご自身の+10(プラステン)を見つけ、継続することが大切です。

 

 

+10(プラステン)の効果

厚生労働省では、+10(プラステン)の効果として以下のようなものをあげています。

・死亡リスク   2.8%低下

・生活習慣病発症 3.6%低下

・がん発症    3.2%低下

・ロコモティブシンドローム※2・認知症発症 8.8%低下

※2:ロコモティブシンドローム:運動器の障害で立ち座りなどの移動機能の低下をきたした状態

 

また、+10(プラステン)を1年間継続すると、1.5~2.0Kgの減量が期待できるそうです。

 

本当に10分でいいの…?と思うかもしれません。

確かに10分の運動は消費カロリーに換算するとほんの少しです。

でもその“少し”が、将来の自分をより健康に導く為の大きな一歩だと思います。

 

是非一緒に+10(プラステン)を見つけてみませんか?

 

 

<出典>

 

・厚生労働省HP「おうちで+10(プラステン)超リフレッシュ体操」特設Webコンテンツの公開について

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14212.html

・e‐ヘルスネット,アクティブガイド

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-01-002.html