けんぽの部屋

2021/09/21

「選ぶときも!食べるときも!ベジファーストで賢くコンビニご飯」 富士フイルムビジネスイノベーション(株)海老名事業所 健康管理室 保健師 文屋由里

 

 ダイエットというと、野菜たっぷりの食事を毎回自炊しないといけないのではないか…と負担に思ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

 しかし、私たちの身近にあるコンビニでも選び方次第でダイエットすることができます! よくコンビニを利用される方や、ダイエットしたいけれど忙しくて自炊する時間がなくて…と悩まれている方に参考にして頂ければと思い、普段私がコンビニを利用するときのご飯の選び方をご紹介させて頂きます。

 

 コンビニご飯でダイエットをするうえで最大のキーワードとなるのが「ベジファースト」です。コンビニに入ったらまず野菜を選ぶようにしましょう。選んだ野菜の種類によって主食(ご飯・パン・麺など)と主菜(肉・魚・卵・大豆など)を決めていくと簡単にバランスを整えることができます。

 また、食べる時もベジファーストがおすすめです。先に野菜を食べることによって、食物繊維の働きにより、急激な血糖値の上昇を抑えることができ糖尿病や動脈硬化予防に効果があります。また、野菜からよく噛んで食べることで、満腹感を得やすくなり、食べすぎを防止することができます。

 ここで1つ注意点があります。コンビニのご飯は万人受けするように味付けが濃くなっていることが多いので、たれやドレッシングはすべてかけない、スープは汁を残す、などを心がけると塩分の摂りすぎを防ぐことができます。

 

 実際にある日の私のコンビニご飯をご紹介させて頂きます。どちらも600円前後のご飯になります。

 

 

 

 

 

 

 

 ご紹介した例で物足りない方や、デザートも食べたいという方にはギリシャヨーグルトや冷凍フルーツがおすすめです。ただし、マンゴーやバナナ、リンゴには糖質が多く含まれているので、柑橘類やイチゴ、ブルーベリーを選ぶようにし、食べすぎに注意しましょう。

 

 ぜひコンビニに行かれる際は、選ぶときも、食べるときも、「ベジファースト」を思い出していただき、コンビニを上手に活用して頂ければ嬉しいです。