けんぽの部屋

2021/12/21

「朝活のススメ」 富士フイルム健康管理センター 保健師 小西

 

1、はじめに

 「朝活」という言葉を、近年よく耳にするようになりました。「朝活」とは、朝の時間帯(出勤前や登校前)に運動、勉強、趣味など自分の好きな活動をする事を指します。ビル・ゲイツやティム・クックなど世界的な著名人も取り入れていることから「意識が高い人たちの習慣じゃないの?」と考えている人もいるかもしれません。しかしながら「朝活」は、誰でも簡単に実践でき、多くのメリットがあるということをご存じでしょうか。

 

 

 

 

2、私の朝活

 ここで、実際に私が朝活として実践していることを紹介します。【①朝日を浴びて②軽い運動(ストレッチやジョギング)をする③その日のうちにすべきことを頭の中で整理する④ゆっくり朝食を食べる】何ら特別感のない活動ですが、日々継続することで自分にとっては良い変化がたくさんありました。

 

 

 

3、朝活のメリット

① 時間・こころにゆとりができる

 私は先述したメニューをルーティン化しています。決まったことを毎日繰り返すだけなので、「何をしよう」と悩む時間が無くなります。出勤までの時間を効率的に過ごすことで、バタバタしがちな朝を落ち着いた気持ちで過ごせるようになりました。

② 体調管理ができる

 朝活をルーティン化することで、日々の体調のわずかな変化に気が付くことができるようになったとも感じています。特にジョギング時に気が付くことが多いのですが、「今日はいつもよりもなんとなく体が重いな。」と感じた場合は「早めに帰ってゆっくり体を休めよう。」と自分をケアするようにしています。また、朝早く起床するためには夜の就寝時間をコントロールすることが必要になり、生活リズムを整えるという点でも、体調管理につながっているといえます。(ちなみに、太陽光にはヒトの体内リズムを調整する作用があり、“朝日を浴びる”という行為も実は生活リズムを整えることに役立っているのです!)

③ 幸福感を感じられる

 セロトニンとは脳内の神経伝達物質のひとつで、精神を安定させたり、意欲や集中力を高めたりする働きがあるといわれています。そしてそれは、規則正しい生活をすることや、日の光を浴びること、ダンスやジョギングなどのリズム運動をすることにより分泌が増加します。つまり、私が日々実践している朝活はまさにセロトニンの分泌を促進する行動の連続ということができます。

 実際に私は朝活を初めてから、日々に充実感を感じるようになりました。また、新たなことにチャレンジしてみよう、と意欲的な気持ちになることが多くなったように感じており、私が朝活を実践してみて良かった!と感じる最たる理由でもあります。

 

 

 

 

4、おわりに

 朝活をやってみよう!と意気込み、急に日常生活に支障が生じるほどの早朝に起きたりする必要はありません。大切なことは「無理のない範囲で」行うことです。自分に合ったものを、自分のペースで気楽に行っていただきたいと思います。

 気持ちのいい毎日を過ごすために、皆さんも朝活を始めてみませんか?