けんぽの部屋

2020/12/15

「『宅トレ』のススメ」  西麻布健康管理室 平原理恵・ 中原瞳・ 及川安子

 

 

 はじめまして、西麻布健康管理室(西健室)です。

 もうすぐ2020年も終わりですね。今年は新型コロナウイルスの影響で色々なことが変化した一年でした。コロナ、コロナで外出もままならず、運動不足でコロナ太りになったという声を聞きます。リモートワークや外出自粛による影響は大きく、通勤や仕事で歩くことや、ショッピングも結構な運動になっていたことに気付かされました。ジムに通いづらくなったと嘆く方もいらっしゃいますね。

 

 しかしこの状況が劇的に変化し、コロナ前と同じに戻るということは考えられません。

 私達が変化に適応していくしかありません。

 今、出来ることを新しく始めてみるのはいかがでしょうか。

 

 運動に関して、西健室のイチ押しは『宅トレ』です。

『宅トレ』とは、YouTubeなどの動画共有サービスを活用した自宅でのトレーニングです。

もうすでに取り入れている方もいらっしゃると思いますが、自分の都合の良い時間に、ジムに通うこともなく出来て、経費もかかりません。昼休みに(ひっそり)職場でも行えます。 

 

 幼少期から運動が苦手で、運動習慣がまったくなかったスタッフの例を紹介します。

 体力・持久力にも自信がないため、まずは時間の短い3~4分の動画をメインに探しました。さらに、無理をして怪我をしないように(コロナ禍で大変な医療機関にご迷惑をおかけしないように)、飛んだり跳ねたり等の激しい動作があるものは避けました。

 

 結果、布団の上で行う 『足パカ(寝転がった姿勢で両脚をあげて開閉)』 から始めることにしました。簡単そうに見えましたが、なんと最初は4分の動画も最後まで出来ませんでした。途中で動画を止めて休憩したり、簡略化したりしながら1週間続けたところ、ようやく最後までスムーズに出来るようになりました。(本当に運動が苦手なことが伝わりますね~。) 10か月経った今は、自分の好きな動画を3~4個組み合わせて、15分くらいのトレーニングを心地よくこなせるようになっています。ただし、平日は15分を確保することもストレス…で、継続することを最優先に考えて、朝起きたとき、夜寝る前に肩こり用ストレッチ(4分)のみにしています。それだけでも、コロナ前にあった肩こりや頭痛が改善され、マッサージ通いが不要になりました!!

 

 他のスタッフもそれぞれ体重が減ったり、肩こりや腰痛改善を実感しています。おすすめの動画をシェアしたり、昼休みに一緒に行ったり、みんなで『宅トレ』を楽しんでいます! YouTubeには本当にいろいろな動画があるので、皆さんにもご自分に合った動画(鍛えたい部位・目的・時間など)をぜひ探して、試してみてほしいです。

 

 今回は具体例としてYouTubeをあげましたが、他にもいろいろなツールがあるかと思います。健保のkencomも、日常生活に取り入れやすい運動やストレッチの情報が満載ですよ。

 

 新型コロナウイルスは、100年に1度の危機とも言われます。通常より不安やストレスが高い日々が続き、終わりはまだみえません。だからこそ、この状況の中でも出来ることや楽しめることを、前向きに探していきましょう!