けんぽの知恵袋

2021/7/5

◎熱中症対策をして夏を乗り切ろう

のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。のどの渇きに気づいてからでは遅い場合があります。特に高齢者はのどの渇きに気がづきにくいことがあるので注意が必要です。また、熱中症は水分だけでなく、ナトリウムも不足するため、水分と塩分を効率よく摂取できる経口補水液で水分補給をすることがベストです。お茶やアルコールは利尿作用があり水分補給になりません。水分補給の他にも、通気性の良い衣服、帽子や日傘を使うなどの対策も行っていきましょう。