けんぽの知恵袋

2022/5/30

◎受動喫煙について

5月31日は、WHO(世界保健機関)により定められた「世界禁煙デー」です。

 

​喫煙や受動喫煙は、肺がん、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、乳がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息など深刻な健康被害の原因となります。

特に、受動喫煙によって非喫煙者の健康が損なわれることも問題となっています。

 

タバコを吸わなくても周囲に喫煙者がいると、副流煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」といいます。タバコの煙には、喫煙者が直接吸い込む煙(主流煙)と、火のついた先端部分から立ち上る煙(副流煙)があります。副流煙には喫煙者本人が吸う主流煙より高濃度の有害物質が含まれています。受動喫煙による健康への影響で、年間約1万5千人が死亡しているとの推計もあります。

 

当健保では「禁煙活動」をサポートしています。

ご自分のために、周りの人のために、禁煙に取り組んでみませんか?