在職者向け定期健康診断と人間ドックについて

在職者の方は、「労働安全衛生法」に基づき年に1度、事業主が手配する「定期健康診断」を受診することが義務付けられています。

また40才以上の方は、「定期健康診断」の代用として「人間ドック」(重複受診不可)を選択することも可能です。

35才と40才以上の方は、生活習慣病リスクを早期発見するために、産業医の判断で様々な追加検査を健保が補助しています。

定期健康診断 人間ドック
受診項目

労働安全衛生法健診項目 + 健保補助健診項目

日本人間ドック学会で定めた健診項目
 
医療機関により異なります。

費用
  • 無料
労働安全衛生法健診項目は事業主が負担し、健保補助健診項目は健保で負担しているため無料となります。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *ページ内容改善のため、ご指摘事項を具体的に分かりやすくご記入ください。
    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。