禁煙サポート

当健保では「禁煙活動」を支援し、禁煙費用の補助を行っております。

従来のA 禁煙外来費用補助 B 禁煙補助薬費用補助(ニコチンパッチ、ニコチンガム)に加え、2018年度より新たにC オンライン禁煙プログラムの取り組みが始まりました。在職中いずれか1回、申請ができます。

補助の対象者

  • 現役で在職中の被保険者の方(任継・特退は除く)
    卒煙達成時(6ヶ月後)に在籍予定の方のみ
  • 過去に禁煙補助を受けていない方
    過去オンライン禁煙プログラムに参加した方⇒参加時点で補助しているため成功可否問わず補助対象外
    (A)禁煙外来や(B)禁煙補助薬に挑戦し、成功した方⇒既に補助を受けた方は補助対象外
    (A)禁煙外来や(B)禁煙補助薬に挑戦し、失敗した方⇒補助を受けていないため全てに再挑戦可能

オンライン禁煙プログラム

お手持ちのスマートフォンで、禁煙外来同様の診察が受けられます♪
病院に行く手間なく、必要に応じて禁煙補助薬も配送してくれる、忙しい方にぴったりの禁煙サポートです。
参加している方は、”初回診察から6ヶ月経過後”禁煙が継続できていれば健保へキャッシュバックをご請求ください。
請求書類「卒煙証明」「補助金請求書」はこちら

★オンライン禁煙プログラムご利用の流れ

禁煙費用補助の概要と、申込みから補助までの流れ

A 禁煙外来費用補助
(お医者さんと禁煙)
B 禁煙補助薬費用補助
(薬局で禁煙)
総費用 およそ2万円 およそ1~3万円
健保補助額 10,000円を限度に実費を補助 10,000円を限度に実費を補助
エントリー 随時 随時
期間 6ヶ月
  • ・外来治療、約3か月
  • ・外来終了後、禁煙3か月
6ヶ月
  • ・補助薬を使用しながらの禁煙
申込み
  • ①エントリーシートと
  • ②禁煙宣言書を健保組合に提出
  • ①エントリーシートと
  • ②禁煙宣言書を健保組合に提出
実施 禁煙活動実施 禁煙活動実施
実施中 3ヶ月の禁煙外来治療が終了後、医療機関発行の「③禁煙外来終了証明」を自身で保管
さらに3ヶ月間の禁煙を継続
6ヶ月間の禁煙を継続
実施後
(補助金請求)
禁煙活動が6ヶ月経過した時点で
  • 補助金請求書
  • 医療機関と薬局の領収書(コピー可)
  • 禁煙外来終了証明
  • 卒煙証明
を添付し、事業所の健保業務担当部門(FFBX・給事セ等)へ提出
禁煙活動が6ヶ月経過した時点で
  • 補助金請求書
  • 薬局の領収書原本(レシート可)
  • 卒煙証明
を添付し、事業所の健保業務担当部門(FFBX・給事セ等)へ提出
問合せ先 富士フイルムグループ健保組合 禁煙サポート担当 0465-32-2223
備考 適用条件あり※1
禁煙外来治療の留意点あり※2
医薬品の禁煙補助薬であること(ニコチンパッチ及び、ニコチンガム)

※1 禁煙外来治療の「保険適用条件」は、次の4項目

1.患者自らが禁煙を望んでいる

2.ニコチン依存症診断用のスクリーニング(TDS)の結果が5点以上(ニコチン依存症)

3.35歳以上の方は、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上

4.禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

※2 禁煙治療の留意点

治療薬の使用上の注意(うつ等の精神疾患患者への慎重投与、服薬中の自動車運転等の危険な機械操作をさせない注意など)があるため、治療にあたってはご自身の健康状態、投薬状況、生活状況(通勤・業務での車の使用など)を正確に医師に伝え、医師の指導に従うようお願いします。

申請書類はこちら

(事前)書類提出先…健保(※FFMA様はFFMA総務宛)
(事後)書類提出先…会社、事業所により異なります。健保業務担当部門一覧はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトし、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

添付書類の有る物は、モレが無いか必ずご確認ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。