健診結果の見方

マンガ:健康診断・要精密検査

判定コードの見方

異常なし 今回の検査では異常は認められませんでした。
軽度異常 わずかな異常を認めますが、心配ありません。
要経過観察 定期的な経過観察や生活習慣の改善が必要です。
要医療 精密検査や治療が必要ですので、医療機関を受診してください。
継続治療 現在治療中の疾病について、引続き治療を継続してください。

検査項目別解説

検査項目 基準値 解説 関連する病気
腹囲(㎝) 男性85㎝未満/女性90㎝未満 メタボリックシンドロームの診断基準。 メタボリック
シンドローム
BMI 18.5以上、25未満 肥満指標。体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)で算出。
血圧 収縮期血圧130㎜/Hg未満
拡張期血圧85㎜/Hg未満
心臓から送りだされた血流が血管を圧迫する強さのこと。血圧が高いとより強い力が血管に加わるため、血管が損傷しやすくなる。 高血圧症
空腹時血糖 100㎎/dl以下 血液中の血糖の量。空腹時血糖は10時間以上食べ物を食べずにいたときの血糖。 糖尿病
HbA1c
(ヘモグロビンエーワンシー)
5.5%以下 血糖と結合しているヘモグロビンの量。直近1~2か月程度の平均的な血糖値がわかる。
中性脂肪 30~149㎎/dl 生きるためのエネルギー源。増えすぎると体脂肪として蓄積され肥満につながる。 脂質異常症
HDLコレステロール 40㎎/dl以上 善玉コレステロール。血液中の余分なコレステロールを回収し、肝臓に運搬する。
LDLコレステロール 60~119㎎/dl 悪玉コレステロール。肝臓からコレステロール。体内へ運ぶ。増えすぎると血管を傷つけてしまう。
AST(GOT)/ALT(GPT) 30U/L以下 肝臓の細胞が持っている酵素。肝臓の細胞が壊れると血液中にASTやALTが出てくるため、肝臓の障害の指標となる。 肝機能障害
γ-GTP 50U/L以下 肝臓、腎臓、すい臓の細胞にある酵素。主にある酵素アルコール分解でこれらの臓器に負担がかかることで数値が上がる。
尿酸 2.1~7.0㎎/dl プリン体を分解すると出てくる物質。痛風の原因。 痛風
尿たんぱく (-) 腎臓の異常を示す。本来、尿中にタンパク質は出ない。 腎機能障害
(血清)クレアチニン 男性1.00㎎/dl以下
女性0.70㎎/dl以下
筋肉から出る老廃物。本来は腎臓がその老廃物を処理してるが、腎臓に異常があると処理できず、血液中のクレアチニンの量が増える。
血色素(ヘモグロビン) 男性13.1~16.3㎎/dl
女性12.1~14.5㎎/dl
赤血球に含まれる赤色成分。酸素と結合して体中に酸素を運び二酸化炭素を回収する。 貧血

マンガ:精密検査・要医療

当サイトの内容、テキスト、画像などは転載禁止です。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *ページ内容改善のため、ご指摘事項を具体的に分かりやすくご記入ください。
    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。