こんなにかかる医療費の実際

被保険者や被扶養者であるみなさんは、医療機関を受診しても医療費の3割相当を払えばすみます。そのため、安易に医師にかかる人もみられます。しかし、医療費はけっしてわずかな額ではすみません。みなさんの想像以上にかかるものなのです。

医療費の大部分は健康保険組合が負担

たとえば、どうもカゼをひいたらしいと思って、被保険者であるみなさんが診療所に2日間通院した場合、下表のように合計4,290円もの医療費がかかるのです。みなさんが支払う額は、1,290円ですみますが、健康保険組合から医療機関に支払われる額は3,000円になります。

カゼで2日間通院治療した場合〈診療所(院外処方)の場合・概算〉

2019年10月の診療報酬をもとにしています

内容 料金
初診料 2,880円
再診料(1回分) 730円
処方せん料 680円
合計 4,290円
被保険者・被扶養者負担額(3割) 1,290円
健康保険組合負担額(7割) 3,000円

調剤分(おくすり代)は含まれていません。

症状・状態によって検査・処置等の内容が変わり医療費も増減します。

ふだんの健康管理を大切に

軽いカゼでもこれだけのお金がかかるのですから、何日も入院を要する病気などとなるとたいへんな金額になることは容易に想像できます。本当に必要なときに健康保険のメリットを享受できるようにするためにも、みなさんのふだんの健康管理がとても大切です。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *ページ内容改善のため、ご指摘事項を具体的に分かりやすくご記入ください。
    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。