費用の一部が公費負担される医療

病気やケガの種類や条件によっては、国や地方自治体が健康保険に先立って優先的に給付を行ったり、健康保険の自己負担分を国や地方自治体が肩代わりしてくれる場合があります。

公費負担

社会的な防疫の意味を持つ法定伝染病に対する負担、治療のための研究を目的とする特定疾患や小児慢性特定疾患などの難病に対する負担などが公費負担にあたります。

自治体の医療費助成

乳幼児・こども・ひとり親家庭・妊産婦・重度心身障がい者等への医療費助成事業を、独自の福祉事業として実施している市区町村があります。

こうした事業による医療費助成を「未就学児で受けていない方」及び「就学~74歳で受けている方」は、健保組合に申し出てください。詳細は「自治体の医療費助成」をご覧ください。

詳しくは、お住まいの都道府県・市区町村や、担当の医師へお問い合わせください。

この情報はお役に立ちましたか?
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいております。

  • 1

    このページの内容は分かりやすかったですか?

  • 2

    このページは見つけやすかったですか?

  • 3

    FFG健保のホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか?

  • 4

    このページについてご意見がありましたらご記入ください。(150字以内)

    *住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
    *入力されたご意見は、より良いホームページにするための参考にさせていただきますが、回答はできませんのでご了承ください。